Shinichiro Tamaki : 玉樹 真一郎

 

1977年生まれ。東京工業大学・北陸先端科学技術大学院大学卒。プログラマーとして任天堂に就職後、プランナーに転身。全世界で1億台を売り上げた「Wii」の企画担当として、最も初期のコンセプトワークから、ハードウェア・ソフトウェア・ネットワークサービスの企画・開発すべてに横断的に関わり「Wiiのエバンジェリスト(伝道師)」「Wiiのプレゼンを最も数多くした男」と呼ばれる。

2010年任天堂を退社。青森県八戸市にUターンして独立・起業、「わかる事務所」を設立。コンサルティング、ウェブサービスやアプリケーションの開発、講演やセミナー等を行いながら、人材育成・地域活性化にも取り組む。

2011年5月より特定非営利活動法人プラットフォームあおもり理事。2014年4月より八戸学院大学・ビジネス学部特任教授。2016年4月より八戸学院大学・学長補佐/ビジネス学部特任教授。著書に『コンセプトのつくりかた』(ダイヤモンド社)。

※「わかる事務所」とは、玉樹真一郎の個人事業主としての屋号です。

委嘱

  • 2015〜2017:八戸ポータルミュージアムアドバイザリーボード委員
  • 2016〜:青森県立三沢商業高等学校 学校評議員
  • 2016〜:三沢市まちづくりアドバイザー
  • 2017〜:三沢市総合計画評議委員 副会長

 

著書

 

コンセプトのつくりかた (2013)

 


日本語版・簡体字版・繁体字版・韓国語版で出版されています。以下、日本語版についてのダイヤモンド社さんによるご紹介文です。

世界販売台数9500万台、世界で3億人が夢中になった任天堂Wii。メガヒット商品の、もっとも初期のコンセプトワークから携わり、 「Wiiのプレゼンを最も数多くした男」と呼ばれた著者による「コンセプトのつくりかた」について解説したのが本書です。

コンセプトとは何か―。 それは、新しい何かを「つくる」すべての人が、最初に考えることです。ものづくりであれば、商品を通じて。サービスであれば、お客様に提供するものを通じて。起業であれば、これから生み出すビジネスを通じて。NPOや自治体であれば、支援やサポートの仕組みを通じて。「世の中に新しい価値観をつくる」ことが まさにコンセプトをつくること、そのものなのです。

まだ世に知られてない、「新しい価値観」をどう見つけ出すか。そして、皆がその「未知の良さ」を「わかる」ためにはどうすればいいのか。「何かいいアイデア出して! 」と言われたけれど、思い浮かばない。起業やNPOの立ち上げを決めたけれど、何をやればいいのか悩んでいる。予算はあるものの、何をすれば皆に喜んでもらえるのか分からない。

そんな人たちに、ぜひおすすめしたい本です。

コンセプトさえ見つかれば、差別化もデザインも不要です。設計、製造、販促、営業など、関わる人たちがそれぞれ「自分たちは何をすべきか」について理解し、一貫してブレない商品やサービスができ上がります。何をすべきか、どうすべきかは、コンセプトに導かれていきます。

世の中に良いものを、1人でも多くの人に届けたい。そう思うすべての人にお届けします。

 

書籍(寄稿・取材等)

 

 

メディア掲載

 

 

ご連絡

 

何かご一緒に出来たらうれしいです! For business/life opportunities:

 


 

※スパムのため、フォームを設置できません…申し訳ありませんが、メールにてご連絡くださいませ!